D's Photograph

ディズニーとカメラ、時々好きなもの。

ディズニー夏祭り!燦水!サマービート鑑賞してきました!

 

どうも、ぽすけです!

今年も始まりました、ディズニーランド全体が日本の夏につつまれる季節、ディズニー夏祭り。

 

今年は例年とは違い、題名を「燦水!サマービート」として新たに生まれ変わりました!

 

3回だけですが見てきましたのでレポートしていきたいと思います!

f:id:yusukelalberodi:20170801195901j:image

 

 開催期間は?

東京ディズニーランド 「ディズニー夏祭り」

www.tokyodisneyresort.jp

 

2017年7月11日からスタートして8月31日までになってます!

「ディズニー夏祭り」の名前通り夏を満喫できるスケジュールになっています!

 

この期間はアトラクションに並ぶにしても、ショーを待つにしても、何をするにしても暑いですよね...

毎回水筒にお茶入れて持って行ってるんですがすぐ無くなってパーク内でめっちゃ生茶買ってますわ...死んじゃうよマジで...

 

グッズは?

ディズニー夏祭りスペシャルグッズ

 燦水!サマービート期間限定のスペシャルグッズです!

 ミッキーとミニーのグラスすごい綺麗ですね!なんだろう、下の部分が江戸切子みたいで夏にピッタリそう。

身につけるグッズ

 チップとデールのグッズの量がすごいですね...

   2人のグッズを全部買うとすごい金額になるっていうのをTwitterで見た気がしました...

 何となく去年までディズニーシーで行われていたミニーのトロピカルスプラッシュ にグッズのの雰囲気が似ていて血が騒ぎますね(バナナ...マンゴー...)

縁日気分になれるグッズ

 夏祭りがテーマという事でお祭りでよく見かけるアイテムも可愛くグッズ化されてます!

 チップのリンゴ飴型のボールペン、袋に入れるとリンゴ飴型になるチップとデール

ミニタオル、チップがリンゴ飴に乗っているキーチェーン...あれ...?

 こりゃぁ...チデヲタは大変ですなぁ...(遠い目)

ガラガラくじ

 目玉はこれだと思ってます、ガラガラくじ。

 1回500円のロングタオルかうちわかクッションが当たるくじです!

 自分が近くを通った時には「3時間待ち」とかいう声が聞こえてきました、やばし。これも柄はチップとデール...おやまぁ(遠い目)

・パイレーツグッズ

 今年は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の公開に伴い、東京ディズニーランドアドベンチャーランド内にはパイレーツオブカリビアンの劇中に登場した小物が多数展示されています。ミッキーたちもパイレーツの衣装に衣替えしてます!

ミッキーが叫んでる柄のタオルがあるんですけどタオルめっちゃ可愛いですよ!

 

 

さて、本題のサマービートに入りましょう(遅い)

何が変わったの?

題名

まず、題名が去年より前と今年で大きく変わりました!

  • 2012年 「爽涼鼓舞(そうりょうこぶ)」
  • 2013年 「爽涼鼓舞“THE FINAL”」
  • 2014年 「雅涼群舞(がりょうぐんぶ)」
  • 2015年 「雅涼群舞」
  • 2016年 「彩涼華舞(さいりょうかぶ)」
  • 2017年 「燦水!サマービート(さんすい!さまーびーと)」

と、このように「〇〇〇舞」という題名だったんですが今年からは「燦水!サマービート」という題名になりました。

 

ショー内容

また、鼓舞、群舞ではチームごとに分かれ、1番を目指すという内容でしたが2016年の彩涼華舞からは各チームが団結して1つのショーを完成させる、という内容に変更になっていました。

今年度の燦水!サマービートでもチームに分かれてはいるんですがみんなで「祭りシャイニングスター」を目指す、という内容になっています。

 

山車(フロート)の動き

さらに、キャラクターが乗る山車(フロート)の動きも変わっていました。

去年度までは全てのフロートがシンデレラ城から見て右手側、ダイヤモンドホースシューの方面から出てきていましたが、今年はミッキー、ミニー、プルートが乗るフロートとグーフィー、マックスが乗るフロートの2台がダイヤモンドホースシュー側から、ドナルドとデイジーが乗るフロートとチップ、デール、クラリスが乗るフロートがトゥーンタウン側から出てくるようになりました。

 

鑑賞方法

去年まではシンデレラ城前のスペース(キャッスルフォアコート)は抽選での鑑賞だったんですが、今年から抽選がなくなりました!

「抽選だったってこと知らなかった...」って方や「抽選外れちゃったから他の場所で我慢しよう...」って方がいなくなるのでいいことだとは思うんですが、抽選が無くなったことによって夏の炎天下の中長い時間地面に座って待たなければならない、という問題も発生してはいます。

でもまぁ、家族連れや友人でディズニーランドに来た人達にとっては「ショーを簡単に、近くで見れるようになった」という面では良い方法だなと考えてます。

 

どこで見たの?

 

燦水!サマービートの鑑賞エリアの中でも濡れやすいポイントであるシンデレラ城前のスペースで見てきました!(下の画像のシンデレラ城前のピンクのポイントです)

f:id:yusukelalberodi:20170801195415j:image

 

去年までの鑑賞方法だと抽選に当たらないと入れない場所で鑑賞してきました。

ディズニーランドに到着したのが朝の8:25分頃でその時点で既にここの鑑賞エリアだと後ろしか空いていない、という状況でした。

夏のイベントが始まってから初の日曜日、しかも3連休の中日、ということもありましたが、やはりこのエリアの埋まりは早いな、と感じました。

夏のイベントやショーは第一回目公演が他の季節のショーよりも公演時間が早い、という特徴があります。(早起きできない人には辛い)

去年も感じたんですが、第一回目公演時間が早い分、「いい場所でショーを見たい!」という方は早くディズニーランド行く必要がありますね。

 

来たキャラクターは?

シンデレラ城前ではミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー等出演するキャラクター全員がパフォーマンスを披露していました!

ただし、去年までと違い、シンデレラ城前にキャラクター全員が集まることはなく、大体1つのフロートに1曲、ないしは2曲の曲が割り振られていて、途中からその後にパフォーマンスするフロートが参加してくる、というような形でした。

全員参加の時間が無い分、自分の好きなキャラクターをじっくりと見ることが出来る、というメリットはありますが、去年までのような「全員集合!いくぜーぃ!!!」みたいな感じが無かったのはちょっと寂しかったです...

 

各フロート説明

一台目 ミッキー、ミニー、プルート

使用曲 ミッキーマウスマーチ

f:id:yusukelalberodi:20170801195958j:image

 

二台目 ドナルド、デイジー

使用曲 Zip-A-Dee-Doo-Dah、星に願いを(「ピノキオ」より) 、輝く未来(「塔の上のラプンツェル」より)

f:id:yusukelalberodi:20170801195501j:image 

 

三台目 チップ、デール、デイジー

使用曲 星に願いを(「ピノキオ」より)、輝く未来(「塔の上のラプンツェル」より)

f:id:yusukelalberodi:20170801195516j:image 

 

四台目 グーフィー、マックス

使用曲 Try Everything(「ズートピア」より)

(すみません、諸事情により写真用意できませんでした...)

 

ショー内容説明

ウエスタンランド側からミッキー、ミニー、プルートフロート(以後このフロートを①)とグーフィー、マックスフロート(④)が、トゥモローランド側からドナルド、デイジーフロート(②)とチップ、デール、クラリスフロート(③)が登場

    ↓

①と④フロートがシンデレラ城前で、②と③フロートがパレードルート上で燦水!サマービートのテーマ曲に合わせてパフォーマンス兼各フロートとキャラクターの紹介

    ↓

①がシンデレラ城前でパフォーマンス

①のパフォーマンスが始まったタイミンで④はパレードルートへ移動

ミッキーマウスマーチ」が終了したタイミンクグで①はパレードルートへ移動

ダンサーさんと太鼓が乗ったフロートが城前で「Zip-A-Dee-Doo-Dah」に合わせてパフォーマンス

曲の途中で②がシンデレラ城前へ移動

    ↓

Zip-A-Dee-Doo-Dahの途中から②がシンデレラ城前でパフォーマンス

その後「星に願いを」に合わせてパフォーマンス

③が「星に願いを」の途中でシンデレラ城前へ移動

    ↓

②と③がシンデレラ城前でテーマ曲と「輝く未来」に合わせてパフォーマンス

②は「輝く未来」の途中でパレードルートへ移動

「輝く未来」が終わると④がシンデレラ城前へ移動

    ↓

「Try Everything」がかかり、③はパレードルートへ④がシンデレラ城前で曲に合わせてパフォーマンス

「Try Everything」の途中で①がシンデレラ城前へ移動

    ↓

①と④がテーマ曲に合わせてシンデレラ城前でパフォーマンス

曲が終了ししだい④、①の順でトゥモローランド方向へ移動

    ↓

その後②、③の順でシンデレラ城前を通過し、トゥモローランド側へ移動

 

という流れになります!(曲抜けてるかもしれません)

使用されている曲が多く、その曲もメジャーな曲が多いので音楽だけでも楽しめるのですが和風にアレンジされていて、新しい気持ちで音楽を楽しめる内容になっていました!

 

どこで見るのがおすすめ?

全部を満遍なく楽しみたい!たくさん濡れたい!

シンデレラ城前がおすすめです!

全キャラクターがパフォーマンスを行うため、満遍なく楽しむことが出来ます!

また、ウォーターキャノン(各フロートに装備されている水が出てくるやつ)にでびしょびしになることが出来ます!

ディズニー夏祭りを全身で楽しみたい、という方はやはりシンデレラ城がおすすめかと思います。

 

そんなに濡れたくないけど満遍なく見たい

そんな贅沢なあなたはシンデレラ城前のロープ後ろ側や丸い花壇の近くが良いと思います!

風向きにもよりますがそこまで水の直撃を受けることもなく、全方位にフロートがありますので、どのフロートも見ることが出来るおすすめのスポットになります!

 

近くでショーを楽しみたい!

パレードルートがおすすめです!

パレードルート自体が広いため、多くの人を収容できます。

また、すぐ目の前をフロートが通過しますのでキャラクターを間で見ることが出来、、ダンサーさんと一緒にショーを作り上げることができます!

ただ、ダンサーさん達から容赦なく水をかけられますので相当な覚悟と準備が必要になりますのでご注意を!

 

子供の背が低くてあまり見えなさそう...

そんな家族連れのご家庭にはシンデレラ城前のシンデレラ城側にキッズスペースがあります!

実際ここめっちゃおすすめです。

キャラクターは近いし、鑑賞場所が狭いので濡れたいお子さんはたくさん濡れることが出来てショーを楽しめる。

ここ行きたい(切実)

 

結局どこがオススメなの?

キャラクターがたくさん見たい!

シンデレラ城前

 

たくさん濡れたい!

(早く来れる)シンデレラ城前

(早く来れない)パレードルート

 

お子さんも一緒に楽しみたい!

シンデレラ城前のキッズスペース

 

こんな感じになるかと思います!

 

 

今年は抽選がなし等いろんな事が去年とは変わっていますが多くの人が簡単に楽しめるショーになっていました!

えげつないくらい濡れますが準備さえしていればびしょ濡れになって涼しくなれるショーです!

是非見てみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃぁ、すげぇ。Canon EOS 6DⅡ のスペックについて!

 

はい、どうもお久しぶりです、ぽすけです。

前回の投稿から時間が空いてしまってすみませんでしたm(__)m

 

さて、それはさておき...

 

EOS 6DⅡついに発表されましたね!(大声)

 

f:id:yusukelalberodi:20170725003909p:plain

キヤノン:EOS 6D Mark II|概要

 

いやぁ、だいぶ待ってましたよ。初代EOS 6Dと言えば世界最軽量を謳ったお手軽フルサイズとして多くの人に愛されてきたカメラです。

かくいう僕もフルサイズ機が欲しい病の1人でありまして、まだかなまだかな~と首を長〜くして待ってました。

 

実際このEOS 6D MarkⅡの発表・発売に伴って結構多くの人のカメラ事情が変わるのでは...?と考えてます。

  1. 6Dの後継機が出たら買うと決めてた!
  2. 去年出た5DⅣと迷ってて6DⅡと比較してから買おうとしてた!
  3. 6DⅡが出たら6Dの中古が溢れて安くなるはず...!

とまぁ、こんな感じで色んな人がいるのでは、と考えてます。

一体全体何が変わったのさ?

って人のために簡単にですがスペックをまとめてみました!(僕も何が変わったかあんまり知らん)

 

スペック比較

機種名 EOS 6D Mark II EOS 6D
144.0mm 144.5mm
高さ 110.5mm 110.5mm
奥行 74.8mm 71.2mm
質量 約765g 約755g
有効画素数 約2620万画素 約2020万画素
AF測距点数 45点 11点
クロス測距点数 45点 1点
連射速度 約6.5コマ/秒 約4.5コマ秒
ファインダー視野率 約98% 約97%
シャッター最高速度 1/4000秒 1/4000秒
最低ISO感度 ISO100 ISO100
最高ISO感度 ISO40000 ISO25600
手振れ補正 5軸電子式 なし(レンズに依存)
液晶タイプ バリアングル式 固定式
タッチパネル 対応 非対応
Wi-Fi機能 有り 有り
NFC 有り 無し
Bluetooth 有り 無し
GPS 有り 有り

 

色がついている部分が比較機種より単純に勝っている部分です。

表にして見るとやはり順当に進化している機能が多く、魅力たっぷりな機種になっていることがわかりますね。

では次にどこがEOS 6D Mark Ⅱ の魅力なのか、クローズアップしていきたいと思います。

 

4倍以上に増加したクロス測距点数

「安い!軽い!綺麗!」と絶賛されていたEOS 6Dは以前からある1点で酷評されていました。それは...

「AFが中央一点しか信頼できない」

というものでした。

 

上の表を見ていただければ分かるようにEOS 6Dはクロス測距点が中央1点のみ対応でしたが、EOS 6D Mark Ⅱ では45点全ての測距点がクロス測距に対応しており、AF精度の向上が見込めるわけです。

 

約6.5コマ/秒の連射速度

先代EOS 6Dから秒間2コマ増加した約6.5コマ/秒のシャッター速度を搭載しています。

約4.5コマ秒では少々心もとなかった素早い動きのある物の撮影(スポーツや鳥など)にも対応でき、単純に採用できる写真が撮影できる可能性が上昇した、といえるでしょう。

 

改めて考えてみると...一秒に6.5コマって...どんなスピードやねん...

 

バリアングル式液晶

Canonのフルサイズ機としては初搭載となるバリアングル式の液晶、あの背面の液晶がくるくる回るやつですね。

被写体に対して「パースを効かせたい!」や「ローアングルで風景を撮影したい!」といった撮影者の願いを叶えてくれる機能です。

自分も風景を撮るときに「液晶が動いたらこんな体勢しなくて済むのになぁ...」という時が多々あり、この機能が付いたフルサイズ機というだけで魅力アップですね!

 

手振れ補正対応!

ついにCanonの一眼レフにも搭載されました、手振れ補正機能。

このEOS 6D Mark Ⅱ では動画撮影時のみ手振れ補正対応ですが、先ほど紹介したバリアングル液晶との相性はバッチリです!

手振れ補正機能を駆使して、通常は狙いにくいローアングルやハイアングルでの動画撮影時にその力を発揮してくれることでしょう。

今まで手振れ補正機能が搭載されていない一眼レフでの動画撮影は簡単には撮影できないものでしたが、この手振れ補正機能の搭載により、簡単・綺麗な動画が誰にでも撮れるようになる、と考えています。

 

 

う~ん、こうして見ると大きくブラッシュアップされた部分や細かな部分でもユーザーに配慮されていた造りになっていたりと、調べれば調べるほどいい機種ですね...

奥行と質量に関しては新しく搭載されたバリアングル液晶の影響で初代6Dの方が勝っていますが3.6mmの厚さと約10gの重さ(1円玉10枚)に目をつぶれば完全にEOS 6D Mark Ⅱ が勝っていますね。

他にもタッチパネルに対応しているなど、現代らしい機種になっているとも言えます。

 もうすぐ発売される新生EOS 6D Mark Ⅱ 、ぜひ検討してみてはいかがでしょう?

 

(時間あれば他機種との比較もやってみます...)

 

はじめまして!

はじめまして!

このD's Photographを運営している「ぽすけ」と言います。

いきなりですが当サイトで何をしていくのか、何を書くのかを自分の自己紹介をしながらお話ししたいと思います。

f:id:yusukelalberodi:20170711233747j:image 

D's Photographではディズニーとカメラ、写真を中心にしていきます

D's Photographでは自分が今まで趣味として行ってきた写真関係について

・自分が気になっている機材

・自分が使用している機材

・撮影ポイント

・新製品情報

・撮影テクニック

等に関して記載していければ、と思っています。

多くの人が高品質、高画質のカメラを手に入れやすくなったこの時代、簡単にきれいな写真が撮れるようになりました。

反面、そのカメラを使いこなしきることができずに「カメラは埃をかぶったまま部屋の隅っこに置いてある...」なんて人も多くいると思います。

そんな人たちにとって「カメラって楽しい!」と思ってもらえるような記事を書いていければなぁ、と思っています。

また、このサイト名の先端についている「D」は自分の趣味であるディズニーの「D」です

カメラを持っているディズニークラスタの人向けに

・ショー、パレード、グリーティングを綺麗に撮る方法

・ディズニーのおすすめ写真撮影ポイント

等に関して人それぞれの好みはあると思いますが自分の体験をもとにご紹介したい、と思っています。

また、

ディズニーにカメラを持っていくけどどこに行けば写真を撮りやすいの?

などの家族連れでお越しの方々、友達とディズニーに行く、という方に対しても参考にしていただければ、と思っています。

ゆくゆくは、「この写真ってどんな感じで撮ればいいんだろう?」「どこで写真撮ろう?」といった時に参考にしてもらえるような色んな人に技術提供、執筆していただいて多くの写真好きな人、ディズニー好きな人の記事であふれかえるようなサイトにしたい、と考えています。

 

SNSには最新の写真を掲載しています

どうしてもブログ、という形をとる以上、タイムラグができてしまいます。

ディズニー関連のつぶやき、写真に関してはこちらに、

ぽすくん(@D_posugraph)|twitter

それ以外のつぶやき、写真、お仕事関連の撮影に関しては

ぽす(@posugraph)|twitter

こちらにまとめていますのでご参照いただける幸いです。

また、自分が撮影した写真に関して一覧で見れるポートフォリオ、作品集のようなものをWeb上で作成しようと画策しているので、完成し次第またお知らせしたいと思っています。

 

それではこれから、よろしくお願いします!